【体のだるさ・むくみ・頭痛を解消】梅雨時期の体の疲労を取る方法

健康・冷え性解消

こんにちはCuoraです。

雨や梅雨の時期は頭痛・むくみ・体がだるさをいつも以上に感じることはありませんか?

雨や梅雨の時期に体がだるくなる理由は”湿気や気象痛”などがあげられます。

晴れの日に比べ雨でじめじめすると体はなんとなくだるいと感じている人は多いかもしれませんが、気象痛?って何?という人も多いと思います。

気象痛は梅雨の時期だけではなく、1年を通して雨や雨の降る前日にも対策をしていれば頭痛やだるさの改善につながりますので、雨の日に体調がすぐれなくなる人は食べ物からかえてみてください。

スポンサーリンク

 

 気象の変化によって現れる”気象痛”

急な気圧の低下によって内耳の前庭部が刺激をうけてしまい自律神経のうちの交感神経の働きが強くなりもともと抱えている慢性痛が強くでるといわれています。

私たちの体は日頃から常に多くのストレスを受けていますが、程よいストレスは体にとって良い刺激を与えますが、ストレスが強すぎると体に悪影響を与えてしまいます。

ストレスが強すぎると自律神経のバランスを崩し、もともと抱えている不調が気圧や気温の変化によって感じられやすくなるといわれています。

気象痛からでる体の不調

・頭痛

・めまい

・吐き気

・落ち込み

・ストレスが強くなる

・古傷が痛む

・日中の眠気や夜間の不眠

気象痛になりやすい人

 

・甘い物が好き

・炭水化物を好んで食べる

・ストレスを食事で発散する

・濃い味の物が好き

・ダイエット中

・頭痛やめまい、立ちくらみを普段から感じやすい

・自分で決めた睡眠時間を確保できないと体調が崩れると感じる

・ストレスを抱えている、または自覚なくストレスを抱えている

・アレルギー症状がある

・冷え性

・普段あまり汗をかかない

・女性ホルモンが乱れている

気象痛改善の食事

★茶色い糖質を食べるようにする

精製度の高い糖類(白砂糖・白米・小麦粉など)からグルコース(脳のエネルギー源になる糖)を摂取していると、グルコースが過剰に供給され時間が経つと今度は極端な不足に陥ってしまいます。

そうならない為にも消化吸収が穏やかでゆっくりとグルコースへの分解が進むような茶色い糖質、玄米や全粒粉がおすすめです。

【甘い物の摂りすぎは体を冷やす?】意外にしらない冷えと砂糖の関係
※全粒粉(ぜんりゅうふん)とは

小麦をまるごと粉状にしたものです。お米で例えると白米と玄米のようなイメージで、小麦粉は白色に対して全粒粉は茶褐色です。

小麦粉に比べると小麦の表皮や胚芽が含まれるので、食物繊維・ビタミン・ミネラル類も豊富です。

★カルシウム・ビタミンDを摂る

ストレスによってカルシウムが不足すれば、ホルモンや自律神経も乱れやすくなってきます。ストレス対策としてカルシウムをしっかりと摂取することは気象痛の緩和にも直結していきます。

ただ、カルシウムは単独で摂取してもあまり吸収されませんので、ビタミンDと一緒に摂取すると吸収率がアップします。

【カルシウムが豊富な食品】

小魚・しらす干し・桜えび・鮎・豆類・緑黄色野菜・ひじきなど

【ビタミンDが豊富な食品】

イワシ(特に丸干し)・いくら・サバ・マグロ・うなぎ・サーモン・卵黄・牛レバー・干ししいたけ

★ビタミンB12,ビタミンB6を摂る

ビタミンB12、ビタミンB6は末梢神経の調整を行うビタミンです。不足すると肌荒れが悪化したり、古傷が痛んだり、しびれを感じたり、不眠に悩んだりします。

【ビタミンB6】→牛・鶏レバー・貝類・魚・卵

【ビタミンB12】→玄米・全粒粉・豚肉・ニンニク・サーモン・バナナ

雨に日や雨の前日に体の不調を感じやすい方はぜひ食べ物から見直してみてください。

 

梅雨時期に体がむくみやすい原因

梅雨の時期は湿度も高くなり体内に余分な水分をため込みやすくなるからです。

空気中の湿度が高くなると汗が蒸発しにくくなり皮膚呼吸も妨げらてしまいます。

体に溜まった余分な水分が汗として蒸発してくれないぶん、どんどん水分や毒素が溜まっていき気づけば体がだるくなって顔や体もむくみやすくなります。

 

自宅で簡単にむくみを解消させるのはお風呂です

湿気からくるむくみをとる一番簡単な方法はたくさん汗をかいて発汗させることです。

お風呂につかる事は大切だとわかっていつつもだんだん暑くなってくるとついついシャワーで終わらせてしまってませんか。

シャワーは表面の汚れは取れますが、体を深部から温めたり発汗させたりすることはできません。

梅雨時期はぬるま湯で20分ほどゆっくり浸かり汗をかくようにしてください。

これが余分な水分を体に溜め込まない秘訣です。

気分が晴れない方はアロマを入れると体もココロもリフレッシュできます。

【梅雨時期にさわやか気分にしてくれるアロマ】グレープフルーツ・ロージマリー・ペパーミント・ユーカリ

単体で使われるのもいいと思いますが、いろいろ組み合わせて自分の好きな香りをブレンドされるのもおすすめです。

私が汗をかくときに使っているのは入浴剤は【薬用 Hot Tab】です。

もう5年ぐらいつかっていますが、他の入浴剤よりも圧倒的に温まるので汗をかきたいときは必ず入れてお風呂につかります。

Hot Tabはお風呂から上がった後も1時間ぐらいは温まった状態が続くので、夏場は38度~40度以下でつからないとお風呂に出たあと汗がとうぶん止まらないので少しつらいかもです💦

香りはついていないので、香りでリラックスしながら体を温めたいときはこの入用剤を入れてさらにアロマを1~2滴入れたりして入ってます。

最低20分はつからないと入浴剤の効果も感じにくいので、ゆっくり本を読んだりYouTubeを見たりしながら入ってみてください。

薬用ホットタブ HOTTAB 30錠 薬用重炭酸タブレット 入浴剤 ギフト 重炭酸湯 重炭酸イオン 重炭酸spa hot tab 薬用 イオン 半身浴 重炭酸 スパ 炭酸入浴剤 腰痛 肩こり 冷え性 リウマチ 疲労回復 乾燥肌 重曹 クエン酸 血流 ビタミンC ポカポカ 肌にやさしい プレゼント

コメント

タイトルとURLをコピーしました