【足痩せもしたいけど足を鍛えたい】40代の足の疲れや悩みを解消

冷え解消・アンチエイジング

こんにちはCuoraです。

昔の足の悩みと言えば、「足をきれいに見せたい」「細く見せたい」とか思っていましたが、年齢を重ねると「むくまない足になりたい」「足のだるさを解消したい」と悩みがかわってきませんか?

ちょっと私の話になるのですが、昔から歩くのが好きで日常的に歩いているんですが、最近40分ぐらい歩くと足がものすごく疲れて帰ってからもだるさがなかなか抜けず困るようになっていました。

歩くだけでは、なかなか筋肉はつきづらいことを痛感しています。

【足痩せもしたいけど足を鍛えたい】40代の足の疲れや悩みを解消

足の疲れを解消するには、赤筋と白筋を鍛えることをおすすめします。それでは詳しく解説していきます。

筋力アップに有酸素運動と無酸素運動をとり入れる

【有酸素運動】は、ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなど時間をかけてゆっくり筋肉に重荷をかけ運動していくことです。

【無酸素運動】は短距離走、筋トレなど短時間で強い負荷をかけておこうなう運動です。

持久力(赤筋)を伴う筋肉を鍛えていくためには有酸素運動が最適にはなりますが、瞬発力(白筋)を伴う筋肉を鍛える為には無酸素運動が大切になります。

有酸素運動は体脂肪を燃やすことが期待でき、無酸素運動は基礎代謝を上げることがきたできます。

こう見てみるとどちらか1つに偏らず、2つの筋肉をバランスのよく鍛えることがキレイに痩せリバウンドしない疲れない体を手に入れることがわかってもらえると思います。

下半身の筋肉を強化するにはスクワット

体の中で特に大きい筋肉は、下半身にあります。

・太ももの前の筋肉「大腿四頭筋」

・太ももの裏の筋肉「ハムストリングス」

・太ももの内側の筋肉「内転筋」

・お尻の筋肉「大臀筋」

この大きい筋肉を鍛えることで、基礎代謝を上げ、太りにくく痩せやすい体になります。

そして筋肉が強化されることで、足の冷えも解消され疲れにくくなります。

さらにもっと嬉しいことにスクワットを継続的にしているとヒップアップにもつながるのです!

年々下がるヒップが気になる人はまずはスクワットから始めるようにしてください。

スクワットをするときに重荷をかけるとさらに効果が倍増

今までスクワットは何も重荷をつけずにしていたのですが、あんまり下半身の筋肉にきいている感じがしませんでした。

最近、筋トレにはまりだしたのもあり家にダンベルがあるので持ちながらやるとかなり太ももに負荷がかかり翌日しっかり筋肉痛がきます。

上の写真のように私は3キロのダンベル1つを持ちながらスクワットをするようにしています。

1セット10回×3セットを目標に毎日合間にやっていますが、だらんと流れていたお尻が丸みをおびて形ができてきました。

そして、なんといっても足の疲れが驚くほど軽減されてます。

ダンベルがなかったら、2リットルのペットボトルで代用されるといいとおもいます。

重荷を持ってスクワットをするほうが、体がぐらつかず足も安定してできるのでかなりおすすめです。

最近急に体の衰えを感じ鍛えることに目覚めたのですが、家でダンスをして体を動かす方法は、私の場合マンションなので下の階に気を使ったりしてあんまりできず本領発揮できませんでしが、筋トレは静かにもくもくと出来るのでかなりアリだと感じています。

足の疲れを解消したい、太りにくい体になりたいと思っていたらスクワットを今日から始めてみてください。

有酸素運動と無酸素運動をとり入れる場合は、先に無酸素運動(筋トレ)をしてから有酸素運動(ウォーキングなど)をしてください。

 

筋肉痛久しぶりにくるとちょっと辛いですが、成果が思っている以上に早くでるので鏡を見るのが楽しみになります。

 

コメント