冷え性・低体温を改善するために気をつけた事

健康・冷え性解消

こんにちはCuoraです。

寒い季節になって急に手足が冷えてきてませんか?私も昔はいつも指の感覚がなくなるぐらい冷えていました。

今は35度だった体温も36.6度がやっと当たり前になってきて1度体温が上がると体感がこんなにかわるんだなと驚いています。

私の場合は低体温でしたが、あなたは冷え性、低体温どちらですか?

 

冷え症と低体温はどこが違うの?

・冷え症は、自分で認識できる寒いとか冷たいを感じやすい体質のことです。体の表面や末端は冷えていますが、体内に熱エネルギーはつくられていて、体の内部の温度は37度前後の温度を維持しています。

冷え性チェック

□平熱は36.5℃

□手足が冷える

□肌が荒れる

□生理痛、生理不順

□頭痛・体のだるさ

 

・低体温とは、体内に熱エネルギーを作れない状態で、体の表面や末端だけではなく体の中心部の内臓周辺の温度も36度を下回っています。

低体温チェック

冷え性のチェック項目にプラスして

□平熱が35℃台

□風邪をひきやすい

□いつも体がだるい

□のぼせやすい

□肩がよくこる

□低血圧

□太りやすい

□むくみやすい

まだまだありますがこれぐらいにしておきます。

体の中で熱が作れるか作れないかで不調もかなり違いがあります。

怖いのは低体温です。

低体温のデメリット

低体温→血行が悪くなる→細胞の働きが低下→免疫が下がり細胞内の菌やウィルスが活発になる→細胞の機能が低下し、胃腸や消化器系が弱まる→肌荒れ、便秘、体のだるさ記憶力の低下など病気のリスクが上がってくる

このような悪循環にはまってしまいます💦

私は低体温だった頃、肩こり生理痛は当たり前、そして胃の調子も悪くすぐにお腹を壊していました。この頃はまだ若かったのでこれぐらいで不調は治まっていたのかも知れませんが40代に突入したまま低体温を放置していたら、もっといろいろ症状は出ていたと思います。

体温が1度上がるといいことだらけ

体温は体のさまざまな機能と密接な関係をもっていて、36.5℃以上になると免疫力が高まり、酵素が活性され病気にかかりにくくなります。

また、熱を発生させる仕組みに関しては、血流量が増える、自律神経がの乱れが改善されます。

冷え性の解消になると新陳代謝が活発になって肌がキレイになったり、基礎代謝量が増えて太りにくくなったりします。

体温を上げる生活習慣のポイント

・生活リズムを整える・・・毎日決まった時間に起床・就寝をするようにする

・正しい入浴で体を内側から温める・・・38度~40度のお湯に保温性のある炭酸入浴剤で血行促進をする

芯からしっかり温め、冷え・疲れをケア【プレミアムホットタブBIO】

・適度な運動で熱をつくる・・・下半身の筋トレやウォーキングで血液の循環を促す筋肉を強化

・体の内側から温める食事・・・発酵食品(みそ、漬け物)、タンパク質(肉、魚、豆類)、血行をよくする食材(ニンニク、生姜、ネギ)、温かい加熱した料理

・良質な睡眠をとる・・・就寝前から灯りを暗くし、就寝時にはすべて消す。夕食から就寝まで3時間あける。白湯を飲んで体を温め副交感神経を優位にして眠りにつく。

・体を冷やさない衣服・・・上半身に着込むのではなく、腹巻・レッグウォーマー・シルク靴下で下半身を温めるようにする。

シルク素材の腹巻き一体型パンツ

このような生活を意識心掛けるよになってから、かれこれ3年ぐらいはかかりましたが体温が上がりだしました。

私の場合は、この生活ができる日もあればできない日もあったりで少し時間はかかりましたが、もっと早く効果もでる人もいらっしゃると思います。

夏に温活って頭でもわかっていても実際は暑いのでなかなかできないと思いますので、寒くなった時期に体を内側からと外側からしっかり温めるようにして冷え性や低体温を改善してくださいね。

体温が1度上がって私は生理痛がなくなったのと、足の指が冷えすぎてつることもしょっちゅうありましたが二つとも悩みは解消されました。

胃腸はついつい暴飲暴食をしてしまうと調子が悪い時もありますが、前のように慢性的なものではないので数日食事を調整すると元に戻ります。

私と同じ冷えでお悩みの人に少しでも冷えを解消して頂けたらと思ってます。

健康・冷え性解消
スポンサーリンク
Cuoraをフォローする
Cuoraの温活ブログ

コメント