【冷え性を改善】する期間は今までの生活習慣で決まります

健康・冷え性解消

こんにちはCuoraです。

寒さの体感って人と違うと感じたことはありませんか?

たとえば夏だと冷房がきいた店内で女友達と食事をしていると、着ている洋服の枚数はさほどかわないのに自分はブルブル震えてて、隣の友達は全然平気そうというようなこと。

昔の私はこのような状況がよくありました。そして、この時は私は35度台という低体温。友達は36.5度でした。

体温の差が1度かわるだけで、体感温度が驚くほどかわります。そして、体の不調も体温が1度低いだけでたくさんでてきてしまいます。

冷え症や不調を改善するためにも温活は夏でもするようにしてください。

温活とは

健康を維持するために適正な体温まで基礎体温を上げる活動のことです。

正常な体温・・・36度~37度

細胞の新陳代謝も活発で、肌もキレイ・免疫力が高い・病気になりにくい

低体温・・・36度以下

新陳代謝が活発ではない。免疫力低下、アレルギー症状が出やすくなる

さらなる低体温・・・35度以下

がん細胞の増殖が活発になる。自律神経失調症など。

基礎体温が36.5度はあるのに、末端が冷えやすい人も温活は必須です。

末端の冷えを長年放置していると、体全体が冷えやすくなり血行不良をひきおこします。

血行不良になった体を放置していると【肩こり・慢性的なダルさ・不眠・足のむくみ】などさまざまな不調をひきおこしていきます。

末端を冷やさないように足首を日頃から温めるようにしてください。

冷え症はどれぐらいで改善されるの?

答えは。。。。

人それぞれです。

今まで長年冷やしてきてしまった体は、生活習慣・食生活など人によってさまざまです。

冷やすと言っても、ずっと冷たい物を食べていたというだけではありません。

運動不足・食事・甘い物を好む・ストレスが過多・飲酒・タバコなども冷える体をつくる原因にもなります。

早い人では3か月ぐらいで、不調がみるみるよくなる人もいれば、私の場合は5年かかりました。

5年も!?と気が遠くなりそうですが、私は不規則な生活を7年ぐらいしていました。

そして仕事でのストレスが結構あり、体はガチガチで基礎体温は35度台という最悪の状態だったので、今がラクになるならとがんばれました。

私のように最悪の状態までいかれていない人は、安心してください。毎日温活生活をしていれば5年もかかりません。

 

ただ、温活は継続しないと効果がでるのにさらに時間がかかってしまいますので、本気で体の不調をどうにかしたいと思っていれば、この夏から体を冷やす飲み物や食べ物を去年より控えるようにしたり、冷たい物をとった後は温かい物をとるようにして温活生活を続けるようにしてください。

今は私は36.5度まで体温が上がり、頭痛や生理前後のダルさ、むくみなどがずいぶん解消されてます。

40代に入り低体温のままだったら次は病気のリスクも出てきているかと思うと温活していて本当によかったです。

温活は冬は一生懸命やって夏はついつい暑いので忘れてしまいますが、自分の体と上手にお付き合いしていくためにも温活は夏もお忘れなく。

 

健康・冷え性解消
スポンサーリンク
Cuoraをフォローする
Cuoraの温活ブログ

コメント