【自律神経の乱れ・肩こり・むくみ】は冷えと深い関係があります

健康・冷え性解消

こんばんはCuoraです。

急に寒くなりましたね。真冬がいっきに到来したような。最近着る服に頭を抱えます。

寒くなるにつれてどんどん冷えも加速していませんか?

ただ寒いだけなら着込んでしまえば問題ないのですが、冷え性を放っておくと体に様々な影響を及ぼしますので冷え性は放置せずるに治す生活を心掛けてください。

冷えをそのままにしていると

【自律神経の悪化】

冷えにより自律神経の働きが悪くなると、めまいや肩こりといった症状が表れるようになります。自律神経の働きが悪くなってしまうと、やる気が起こらない、睡眠が浅いなどのココロも憂鬱になってきてしまいますので、体を日頃から冷やさないようにしてください。

【肩こり】

自律神経の悪化によって、肩こりなどが引き起こされる場合もありますが、慢性的な冷えによっても肩こりを感じてしまいます。

体が冷えていると血液の流れが滞ってしまい、老廃物が流れないままの状態が続くと肩こりなどを感じやすくなります。

 

【基礎代謝が低下する】

体温が高い時は基礎代謝の量が高くなっているので、食べた物をすぐにエネルギーに変換することができます。

体温が低い状態ではなエネルギーの消費量が低下してしまうため、その結果太りやすくなってしまいます。

ダイエットを成功させてリバウンドをしない体を作るためには、まずは体の冷えを改善することが一番の近道になります。

【むくみ】

体が冷えていると筋肉の動きが鈍くなってしまいます。そのために、血液の流れは更に悪化してしまいます。

血管が収縮していくと、リンパ液が流れにくくなり、むくみが起きる原因になります。

【ホルモンバランスの異常】

体が冷えたままの状態が続くと、女性ホルモンのバランスにも影響を及ぼします。

骨盤まで冷えが伝わってしまうと、卵巣が正常に機能しなくくなり、生理痛の悪化や生理周期の乱れといった異常が起きてしまいますので、女性ホルモンの異常を軽減させるためには腹巻は必須アイテムです。

【ストレスを感じやすくなる】

冷えを感じている状態は、脳の血流が滞る原因にもなります。

脳に十分な血液が流れない状態は無気力・集中力が続かないなども。

また冷え性は体が硬直して緊張状態になっているので、普段よりもストレスを感じやすくなってしまいます。

最近イライラすることが多かったら体が冷えているかもしれませんので、お風呂に好きな入浴剤や香りをプラスしてゆっくり浸かり体を温め脳に十分な血液を送るようにしてください。



ただ寒いからと上半身にたくさん着込むことは避けて下さいね。上半身に着込みすぎると頭がのぼせやすくなりますので「頭寒足熱」を温活女子は必ず意識してください。

下に厚く!上に薄くです。

私も今日は職場も冷えていたので、足元にレッグウォーマーを巻き始めました。

最近トイレが近くなっていたのですが、レッグウォーマーを巻いたら今日はトイレの回数が普段通りに戻りました(トイレの回数の理想は1日7~8回だそうです)。

私、冷えてたんだと今日気づきました。お仕事的にレッグウォーマーとかはつけれない人もいるとおもいますが家に帰ったらゆっくりお風呂に浸かり、足先をポカポカの状態で睡眠を取るようにしてくださいね。

健康・冷え性解消
スポンサーリンク
Cuoraをフォローする
Cuoraの温活ブログ

コメント