乾燥する季節に体の末端を保湿すると冷えも和らぎます

健康・冷え性解消


こんにちはCuoraです。

やっと10月らしい涼しさになりましたね。これからはお肌の乾燥と戦うシーズンに突入です。

冷えを気にしている人は体の末端の保湿をすることで、乾燥と冷えの予防にも繋がりますので今夜から保湿ケアをするようにしてみてください。

体の末端を保湿すると冷えた体もポカポカに

これからのシーズン、手荒れ、ガサガサのかかと、ひじやひざのカサカサ、髪のパサつきなどに悩まされませんか?

冬場は暖房や服の摩擦で乾燥しやすくなりますが、乾燥を招くだけではなく実は、これらのトラブルは体からのSOSサインで、血液が足りていないというサインなんです。

血液が足りなくなったときは、体は生きるために、重要な内臓に優先的に血液を集めようとします。

そのために、手足の末端や髪など、重要度の低い部分は後回しになります。

その結果、肌の代謝も悪くなって荒れた状態になってしまいます。

カサカサしている部分に、クリームを塗って保湿してください

肌を保湿しプルプルにすることで、体も末端に血液をいきわたらせるのにいつもより少ないエネルギーで済むので体中がポカポカになります。

個人的な感想ですが、オイルよりクリームの方が保湿力が維持しているように感じるので冬場は夏よりこっくりしたクリームを全身に塗るようにしています。

体の中から血を増やす為にも温活を忘れずに

保湿をして乾燥を防ぐことももちろんですが、まずは体の血液を増やすということは必須です。

血を増やすためには、毎日かかさず体を温めるということと、血を増やす食事を意識して摂ることです。

血を作る食材

①タンパク質・・・・・牛肉・豚肉・鶏肉

このお肉の中でも特に鶏肉の手羽先・手羽元の骨に近い部分が血をつくってくれるとも言われています。

ほうれん草を食べるようにも鶏肉を食べる方が5倍の鉄分が吸収されます。

②魚

③緑黄色野菜

④豆類

温活方法

①お風呂に毎日浸かる(20分)

②冷たいものをとった後は温かい物で締める(アイスを食べたらホットの紅茶やお茶)

③一年中下半身は冷やさないようにする(体の筋肉の70%は下半身に集中しています)

40代を過ぎると肌が昔に比べて乾燥しやすくなったと感じる事もありますが、体のSOSをしっかりキャッチし、保湿と血を増やす食材、温活を意識して冷え知らずのプルップルのお肌を日頃のケアで取り戻して下さい。

健康・冷え性解消
スポンサーリンク
Cuoraをフォローする
Cuoraの温活ブログ

コメント