【手足が冷える】だけが冷え性ではありませんので体のサインをお見逃しなく!

健康・冷え性解消

こんにちはCuoraです

本来は冷え性になると体の末端部分が冷たくなると感じまよね。

この症状には自分でもすぐ気づくかたも多いのですが、実は冷え性はこれだけではありませんので思い当たる方は気をつけて下さいね

冬でも足がほてる
体全体がほてる
足が冷たいのに上半身は熱く顔がのぼせる

これも冷えの現れです

 

本当は冷えているのに、冷えに慣れてしまって冷えを感じないまま過ごすと、進み過ぎた冷えを解消し、体温を戻すために発熱が起こりそのためにほてることもあるんです

体が暑いと感じているのに冷えている??となかなか信じがたいですが、「冷えのぼせ」というのは典型的な冷えのあらわれで下半身(特に足首から先)が低温で上半身が温かい・暑い状態です

 

若い頃は末端が冷えますが、30代以降になると今度は逆に末端がほてってきます

手のひらも足の裏もほてります

このような変化が出てくると冷えが治ったと感じている人も多いですが実はそうではないんです。。。。

手や足の裏がほてる人でも、お腹やひざは冷えていることが多い

冷えは放置していると体の中心部に集まってきます

そこにあるのは子宮と膀胱です

・女性は更年期にはいると卵巣機能の低下により、女性ホルモンや自律神経の働きが低下します。ほてりや発汗、のぼせなどが起こる「ホットフラッシュ」は更年期の代表的なことでよく知られています

・50代を過ぎると尿が少なくなったり、また逆に異常にトイレが近くなったりもします

これも冷えと深い関係にもなりますのでこういった症状がでてくると、暑いから温める事はやめるとならずに一度お腹やひざを触ってみて確認してください

もし、その箇所が冷たいようでしたら冷えのぼせの可能性もありますので、温める場所と冷やす場所を上手く取り入れて冷えのぼせを撃退してください

 

①首の後ろ・お腹・お尻・足首は日常的に温める

②顔、脇、手先や足先がほてる場合は一時的にその箇所は冷やす

 

温めたり冷やしたりとちょっと忙しいですが、基本的には①が日常的にすることで②はほてっている時にすることだと思って下さいね

後はストレスを溜めないように心がけて下さい

自律神経が乱れているときに起こるこの症状に過度なストレスがさらにかかると、いくら温活を頑張っても交感神経が優位になりすぎいつも体は緊張している状態です

ストレスが溜まっているときって自覚できている時もあれば自覚がない時もあります。

ここに気づく事って自分の事でもなかなか難しいときもありますので1日の終わる寝る前に視床下部という頭と首の付けの所を温めてゆっくり呼吸をするだけでも自律神経は整いやすくなって眠りも深くなりますのでぜひやってみて下さい


健康・冷え性解消
スポンサーリンク
Cuoraをフォローする
Cuoraの温活ブログ

コメント