40代から”デリケートゾーンの乾燥”に保湿クリームを使い始めました

更年期対策

こんにちはCuoraです。

40代を超えたあたりから、顔や体だけではなくデリケートゾーンの保湿もしっかりされていますか?

 

私も40代に入ったころからデリケートゾーンの乾燥は気になっていたのですが、なかなか一歩を踏み出せず使っていなかったのですが、ようやく3か月前から使うようになりました。

デリケートゾーンの乾燥がどれぐらい進行しているかはなかなか顔や体のように自分ではわかりにくいですが、クリームを使うようになって明らかに変化がでたことがありました。

 

それは、生理前(PMS症候群)のしんどさと下着の擦れる違和感がなくなったことです。

 

正直こんなにかわるもんなんだと驚きました。

膣回りのトラブルってけっこう多いようですが、なかなか周りにも相談しにくかったり私のように実際デリケートゾーンの製品てどうなの?と気になっている人もいらっしゃると思うので少しでも参考になればと思います。

 

ただ、もしお悩みが深刻だった場合は、自分で判断せずに婦人科に行って相談されることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

デリケートゾーンの乾燥

 

膣回りのデリケートゾーンは特にエストロゲンの欠乏の影響をうけやすいところ。

粘膜のため、皮膚より深刻な悩みにつながります。

潤いと一緒にふっくらした弾力も失われ、乾燥していることを自分で感じる人もいるそうです。

今まで何ともなかった下着に敏感になったり擦れや締め付けでひりひりしたり、かゆみや痛みかぶれなどの引き金にもなります。

 

そして、肌の乾燥がひどくなるとかゆみだけではなく、においもきつくなってしまう原因にも。

 

デリケートゾーンのケア法

 

 

膣の回りは粘膜なので、皮膚以上にしっかり保湿することが大切。さらにマッサージを繰り返すと弾力が戻り代謝も良くなって冷えや尿漏れにも効果的です。

 

・専用のソープ(初級編)

普通のボディソープや石鹸は洗浄力が高いためできればデリケートゾーン専用のソープがおすすめです。通常のボディソープならせめて弱酸性のものを。

トイレに行った時や洗う時にゴシゴシとこすってしまうと乾燥をさらに悪化させる原因になりますので、優しくふき取ったり洗うようにしてください。

 

・入浴後はジェルやクリームで保湿する(中級編)

ローションよりもジェルやクリームの方がつかいやすいです。こちらももちろんデリケートゾーン専用の物を使用してください。

 

・マッサージ(上級編)

上級者になってくると専用のオイルでマッサージもおすすめです。オイルマッサージで血流を促すと膣回り柔らかく潤い繰り返すことで柔軟性を取り戻します。

 

 

私はマッサージまではまだいきついていませんが、デリケートゾーン専用の保湿クリームを使っています。

 

デリケートゾーン専用保湿クリーム

 

クリームというより、乳液のような軽い感触ですので伸びがよくて使いやすいです。

オーガニック認定材料とナチュラルな原料を使用していて香りは無いです。

結構いい値段はするなとは思いましたが、デリケートな部分なのでできるだけ良い物をと思い購入しました。

少量しか使わないので1本で半年は使えると思います。

 

 

 

 

まとめ

30代までは全然気にもしていなかったデリケートゾーンのことですが、40代を超えた辺りからすべての乾燥が気になり始めていろいろ調べていたところ専用のクリームやオイルがあることを知りました。

 

最初はデリケートゾーンにクリームとか塗ったことがなかったのでドキドキしましたが、今はお風呂上りの下着を履く前の習慣になりました。

 

洗面台に置いていても見た目も可愛くいかにも感もないのがいいです。

 

そして冒頭でも書きましたがここ1年ぐらい生理前になるとPMS(生理前症候群)のせいか、ちょっとしたことでイライラいしたり落ち込みやすかったりしていたのがピタッと止まりました。

 

クリームのせいかはまだわからないのですが、それ以外に他で変えたことはなく仕事もずっと一緒ですのでストレスもあまりありません。

 

粘膜の乾燥が緩和されると粘液の分泌もよくなり生理や更年期障害にも効果があることは医学的にも証明されているようですので、さらなる変化を楽しみに見えるところだけではなく見えないところも保湿をしっかりしていこうと思います。

 

まだ初めていない人は、まずはクリームからだったら簡単に使えるのでスタートしやすいと思いますので、40歳を超えていたらデリケートゾーンの保湿も毎日のケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

更年期の睡眠の不調にはこちらのブログを参考にしてください。↓

【更年期による睡眠障害】不眠の症状は大きくわけて4つあります

タイトルとURLをコピーしました