女性ホルモンと深い関係【女性は7の倍数で体に変化が訪れる】

女性の変化 冷え性とアンチエイジング

こんにちはCuoraです。

「女性は7の倍数で体に変化が訪れる」こんな言葉を某CMで聞いたことはありませんか?

「肌にハリがなくなってきた」「体力が落ちてきた」「やる気が出なくなった」「白髪が少し混じってきた」などのお悩みが出てきていればこの年齢に差しかかっているのが原因かも。

 

スポンサーリンク

女性は7の倍数で変化が訪れる

 

二十顎

 

7歳 歯が生えかわる、髪の毛が伸びる

14歳 初潮がくる

21歳 女性らしい体に成熟し、背丈も伸びる

28歳 女性として体がもっとも充実する

35歳 肌のハリがなくなったり、婦人科系トラブルが出始めたりする

42歳 白髪が出始め、顔にシワが目立つ。心身の不調を起こしやすくなる

49歳 肉体も衰え始め、閉経

 

私も今年43歳になりましたがなんだか一気に見た目の老化を感じるようになりました。

 

もうかれこれ2年近くマスク生活が続いているので、表情筋をあまり使えておらず気が付くと口元がボーっと開いてたりするせいかと思いましたが(それも一理あるとは思います)この表を改めてみた時に「あぁ。ホルモンか。確かに年齢的にいろいろ当てはまる物があるな」と腑に落ちました。

 

 

 

28歳から35歳くらいで一気に女性ホルモンのバランスが崩れやすくなるといわれています。

 

 

この年表を知っているだけでも”頑張りすぎている自分をセーブしたり””自分の不調を無視せずに体を休ませる”ことを意識してもらえる思います。

 

加齢だけではない女性ホルモンが乱れる原因

 

ストレス

 

女性ホルモンが乱れる原因は、加齢だけではなく不摂生な生活・ストレスなどもあげられます。

 

・加齢

女性ホルモンの特に美肌に貢献しているエストロゲンは、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す働きがあります。加齢とともにホルモンが減少し始めると潤い・なめらかさ・弾力などが減少していきます。

 

・ストレス

激しい気温の寒暖差、日常のストレスの多くもホルモンの機能を低下させます。ホルモンの多くは脳の指令によって分泌されますが大きなストレスをうけることによって脳の機能が低下しホルモンの分泌がうまく働かなくなりホルモンの乱れにつながります。

 

・不摂生な生活

睡眠不足や暴飲暴食などを繰り返すとホルモンバランスが乱れやすくなります。また冷房や冷たい飲食で体が冷えると女性ホルモンの不調を招いてしまうこともありますので暑い夏の日でも室内では”温かい物”をとるようにしてください。

 

更年期の悩みにおすすめの食べ物は大豆の中でも【だんとつ味噌】です

 

対策としては栄養バランスを考えた食事をとるようにしてストレスを溜め込みすぎないようにしてください。

 

 

 

見た目を変えるなら体の内側からケアする

外からのアプローチで美顔器や顔ヨガなどで表情筋を鍛えることもおすすめですが、40代以上になると外からだけでは効果が感じにくくなります。

 

ダイエットだとわかりやすいと思いますが、20代30代前半のように痩せたいと思って食事制限をしていても40代を過ぎるとそれだけでは全然痩せなくないですか?「20代の時なんて食事を抜いたらすぐ1キロとか減っていたのになんでー」と。

 

それは代謝の低下やホルモンの減少などさまざまな要因があるからです。

 

顔の老化も同じです。いくら高級なお化粧品をつけたり、美顔器を使用していても新しい肌を生み出す女性ホルモンが減少していると自分が思ってたようには顔の悩みが解消されていなかったりします。

 

エステに行ったり美顔器をしても「透明感やむくみは取れたような気がするけど、シワやたるみがもっと無くなると思ってた!?」なんて。

 

こうがっかりしないように早くからお手入れをきちんとされることもおすすめですが、女性ホルモンの減少を止めることはできませんので、すでに私のように40歳を過ぎているという人は今からでも食事に気をつけたりストレスを溜めすぎないようにしたりして無駄に女性ホルモンの減少を加速させるようなことは控えてくださいね。

 

最近私は内臓温度を上げることにこだわっています。内臓温度が上がると免疫力アップはもちろんですが、代謝が上がったり美肌になったりといいことが多いのでとにかく内臓を冷やさないように気をつけています。

 

冷え性んさんには辛味成分のヒハツおすすめです。

末端冷え性&ダイエットには”生姜”よりも”ヒハツ”がおすすめです

タイトルとURLをコピーしました