若返り&免疫力を高めてくれる納豆

冷え解消・アンチエイジング

こんにちはCuoraです。

30代後半になると疲れが翌日に残ったり、シミやシワが気になり始め体やお肌の変化を徐々に感じることはありませんか?

実はこれは成長ホルモンの分泌量が減ってくるからなんです。

成長ホルモンというと、子供の時期だけに必要と思いがちですが、成長ホルモンは一生を通じて分泌され老化防止に重要な役割を担ってくれるんです。

成長ホルモンの分泌がピークに達するのは17歳~19歳。

30代になると1/3量くらいに激減しその後は10年単位で15%ずつおよそ減っていくと言われています。

 

成長ホルモンの分泌を増やす食べ物が納豆

納豆には、アルギニンという免疫力を高めて若返り効果を発するアミノ酸が豊富に含まれています。

このアミノ酸が成長ホルモンとの関係が深いのです。

人間の体をつくっているのは、20種類のアミノ酸です。これらのアミノ酸がいろいろな形で組み合わさり、100万種のタンパク質をつくり人体を構成しています。

そして、成長ホルモンは191個のアミノ酸が結合したタンパク質です。

成長ホルモンの分泌を増やし、免疫力を高めるために日常生活で簡単にできる方法は、アミノ酸の一種のアルギニンをとり成長ホルモンの分泌を促すことです。

アルギニンはほとんどの食品に含まれていますが、特に納豆に含まれるアルギニンは体内に吸収されやすい形になっています。

納豆を食べるだけで効率よくアルギニンをとることができます

若返りの成長ホルモンの分泌が増えれば

①筋肉の増強作用

②免疫機能の向上

③新陳代謝の促進

④脳の活性化

⑤脂肪の燃焼効果

などです。

成長ホルモンの分泌が増えれば、細胞一つ一つの代謝が活発になり、これが免疫力を高め、内臓の働きや皮膚の若返りにもつながります。

 

豆知識です♪

納豆をかきまぜると、白く糸を引いてねばりが生じますよね。このねばりの中に含まれる納豆菌には腸内環境を整え、人体に有害な菌の生育を阻害する働きがあります。

ですので食べる時にはよく混ぜてより粘りをしっかり出してください。

私は以前アルギニンがとれるサプリメントを飲んでいましたが、毎月1万円となかなかのお値段がしましたのでちょっとお休みをしアルギニンが多くとれる納豆を1日2パック食べるようにしました。

納豆でもじゅうぶんな効果を期待でき今もかかさず毎日食べています。

そして腸が冷えていると排出機能が低下し腸内環境も悪くなりますので極力冷たいものは避けていつもお腹が温かい状態でいてもらうと相乗効果で腸の調子もどんどん良くなってきます。

成長ホルモンの分泌をぐんぐん促しいつまでも若々しい体&お肌を手に入れるためにも納豆生活をおすすめします。

 

コメント